カジノの運営会社は様々なノウハウが要求される

 

日本国内では実際にカジノの営業を行っている企業はありませんので、日本人の方で実際にゲームをしたことがあるという方は現在は少数派です。しかし、世界に目を向けてみると、各国観光客誘致の目玉施策にするべく、一大カジノリゾートの建設ラッシュになっています。日本国内においても、東京オリンピックを目前にして、より多くの観光客の方に来てもらうためにはカジノの建設が必要であると考える方もいらっしゃることもあり、法律の改正の議論が進んでいます。最近の傾向としては、カジノだけが営業するのではなく、豪華ホテルにエンターテイメントやアクティビティなども楽しむことが出来、商業施設も運営することが出来ることが求められています。そのような大規模開発になってくると、かかる費用ももちろん莫大です。

建設や運営に多額のお金が必要になってくるカジノリゾートですが、最近の経営の方向としては、国からカジノの運営権を得た運営会社がビジネスを運営するという傾向が強く、運営会社の選定においてもそれまでの実績が重要視される傾向にあります。カジノの運営会社としてはラスベガスなどで実績のある会社がアメリカ以外のリゾート建設時に誘致されることもあります。同じブランド名で経営を行うことで、観光客にとっては馴染みがあったり、安心感を与えることが出来ます。また、企業規模の大きな企業に運営権を任せることで、多少の赤字にも耐えることが出来ますし、多国籍企業になればなるほど各国の市場に関してノウハウを蓄積していくことが出来ます。資本金に関しても各国政府が拠出するわけではないため、企業の資本力が問われます。

日本には現在カジノはありませんが、運営会社にとっては魅力的な市場であることは間違いありません。訪日外国人観光客の人数は毎年右肩上がりに伸びてきており、特に東京オリンピックが開催される都市にはこれまで以上の観光客が訪れることが期待されています。日本人の所得は元々アジアの諸外国に比べると高い傾向にありますし、近年は企業業績も好調で好景気が続いていますので、運営会社としてもこのタイミングでリゾートの建設に着手をしたいとビジネスチャンスを伺っている企業は少なくありません。日本政府が運営権を認めると、参入したいと考えている多国籍企業は多いので、大きな資本力で一大リゾートの建設が行われることが予想されます。もしかするとわざわざ海外に行かなくても、国内で海外と同じ品質でゲームが楽しめる日が来るかもしれません。

ページ上部へ戻る