オンラインカジノって違法なの?

オンラインカジノは、様々なメディアで紹介されるケースが急増しているインターネットサービスで、日本でのユーザー数は数万人以上に上ると推測されています。本物のカジノ同様にお金を賭けてチャレンジできるというのが最大の魅力で、普通のオンラインゲームとは比較にならないほどのスリルを満喫することが出来ます。

なお、日本では公営競技以外のギャンブルは認められていないので、オンラインカジノも厳密にいうと違法となります。ただし、ギャンブルを摘発する際に適用する賭博及び富くじに関する罪は、客と胴元など相反する立場の複数以上の関与により成立する対向犯と規定しているので、一方だけに罪を問うことは出来なくなっています。

このために、国内の業者が運営しているオンラインカジノは違法として摘発されますが、海外の正規業者が提供しているものの場合は、自宅からアクセスしている限りは罪に問われない可能性が濃厚となります。

様々な種類が存在しているオンラインカジノの中で、現在最も注目を集めているものの一つである「W88.com」は、フィリピンの「MARQUEE HOLDINGS LTD」という企業が運営しているサービスです。設立したのは2013年とつい最近のことですが、かなり早い段階から日本向けのシステムを構築しており、日本での人気も上々です。

なお、W88.comは、スロットマシン・ライブテーブルゲーム・sportsbetting・ポーカールーム・キノルームという本場のカジノで主流となっている5種類のゲームを全て取り揃えています。しかも、一つのアカウントを作成するだけでこれらのゲームを全て遊べるのが特徴で、ソフトのダウンロードを何度もしたり、複数のアカウントの管理をするなどの煩わしい問題は何もありません。

W88.comは、ネットカジノランキングで人気のあるゲームです。W88.comでは、初めて登録して入金した人を対象に、ウェルカムボーナスと巻けてしまった人に対しての残念ボーナスというサービスキャンペーンを実施しています。何と、入金額の100%かつ最高で300ドルが支給されるという太っ腹な内容で、負担をかなり軽くすることが出来ます。

一方、W88.comの他のオンラインカジノとやや異なる点としては、入金額と同自金額をBetした後でなければ、勝ち金を払戻すことが出来ないというルールを設定していることです。このように厳しい出金条件を設定している理由は、不正なマネーロンダリングを防ぐためで、システムがしっかりしていることの裏返しでもあります。このために、多少の不便を感じるかもしれませんが、それだけ安心して遊べるということになります。

最近の投稿

ページ上部へ戻る