ブックメーカーの主催するスポーツベッティング

ブックメーカーは海外の賭け屋のことで、世の中で起きるあらゆる出来事を数値化して賭け事の対象にしています。例えば先のスコットランド独立投票が賛成可決されるか反対可決されるかや、トランプ大統領について任期を全うできるか・再選されるかどうか・イギリスやロシアに訪問するか等も賭けの対象としてオッズがついています。日本でも賭けの対象にできる公営競技はありますが、両者の大きな違いは還元率の高さです。日本の競馬・競輪・競艇・オートレースは賭けた額のおよそ25%が主催する公共団体に入る仕組みになっていますが、ブックメーカーは4~6%が手数料として取得します。そのためにオッズを高く設定できます。

スポーツベッティングは世界中で開催されるサッカー・野球・テニス等スポーツの試合が賭けの対象になります。賭けの内容は、例えばサッカーであれば90分間でAチームが勝つ・引き分ける・Bチームが勝つといったものから、Aチームが1-0で勝つ・Aチームが2-1で勝つ・〇〇選手がゴールを決める等細分化されています。スポーツベッティングのオッズはチームの順位や過去の成績、投票するプレイヤー達がどの項目に賭けるか等を総合的に判断して主催者側に利益が出るように設定されます。よってブックメーカーから出されるオッズは主催者側とプレイヤー側の総意を反映したものになるためチームの強弱や前評判を図る目安にもなります。

スポーツベッティングの特徴的なところは選択肢の広さです。上位1~3着や勝敗を予測するだけでなく、下位同士の試合結果やどのように勝敗が付いたかまですべて賭けの対象になります。よって情報収集や細かい分析や勝敗予測が当選率に大きく影響します。還元率が高いため公営競技と比較しても利益を出せる可能性があります。
オッズが高いゲーム以外に、オンラインカジノランキングに簡単に始められるゲームも掲載されています。

最近の投稿

ページ上部へ戻る