サッカーにおけるスポーツベッティングについて

スポーツベッティングとは開催されるスポーツの試合の結果について投票できる賭け事です。サッカーにおけるスポーツベッティングは、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが海外では歴史が古くプレミアリーグのスタジアム外にはブックメーカーという賭け屋があり、試合前は投票者で賑わっています。サッカー競技での特徴は賭け事の対象となる選択肢が非常に多いことです。上位から下位まですべての試合が対象となります。選択肢はAチームが勝つ・引き分ける・Bチームが勝つだけでなく、Aチームが1-0で勝つ・Aチームが2-1で勝つ・前半までの1-0で最終的に2-2等非常に細かく設定されています。スコア以外には〇〇選手がゴールを決めるといったものから、すべての選手の得点に投票できる場合もあります。

オッズは得点ランキングの上位の選手のゴールは低く設定され、決めそうもないディフェンダーは高く設定されます。これらは選手の実績や昨年までの成績・投票者の投票状況を総合的に見て総合的にブックメーカーの利益になるように設定されます。したがって出されるオッズは主催者側と投票者・競技者の意思や状況を総合的に判断したものになるため、勝敗やチームの強弱を判断するのによい材料となります。こういった数値以外にもサッカーを良く観戦したり頻繁にテレビ中継を見るファンは、選手の調子やチームの状態を良くわかっているので運任せではなく自分の見識や戦術理論をもとにしたベッティングが可能です。ウィリアムヒルで攻略したオッズを見つけてみることが重要です。

スポーツベッティングは、日本における競馬・競輪・競艇・オートレース等の公営競技と比較して還元率が高く設定されています。公営競技は還元率約75%ですがスポーツベッティングは4~6%です。自身のサッカーに対する知識や理論を投資し継続して利益を得るチャンスがあります。

最近の投稿

ページ上部へ戻る