完全合法化も間近のアメリカのスポーツベッティング

スポーツベッティングとは、サッカーや野球、ボクシングなどのスポーツを対象とした賭けのことで、ブックメーカーが合法として認められているヨーロッパを中心とした多くの国や地域で行われています。贔屓のチームや選手にお金を賭けて応援できるので、勝利した時に得られる喜びは単に観戦している時とは比較にならないほどです。また、専門的な知識を活かせるので、スポーツマニアであればかなりの確率で儲けることが可能です。

なお、プロスポーツと言えばNFL・MLB・NBA・NHLの4大スポーツを擁するアメリカが本場として知られていますが、意外なことにスポーツベッティングが認められているのはラスベガスのあるネバダ州のみです。ただし、現実的にはオンラインブックメーカーなどを利用してアメリカ国内の多くの人がスポーツベッティングにお金を賭けて興じているという状況です。

このような流れを受けてNBAの副会長が2017年にニューヨークで開催された学会において、連邦政府に対してアメリカ全土でスポーツベッティングの合法化を実現するためにロビー活動を行うプランがあることを明らかにしています。また、NBAのコミッショナーも2~3年以内に合法化されるのではないかと発言しており、解禁間近であることをうかがわせています。
なお、ネットカジノは合法で楽しむことができるゲームです。

ちなみに、アメリカのオンラインブックメーカーでは、プロスポーツのみならずカレッジスポーツを賭けの対象としたサービスを提供しており、スポーツベッティングが違法であるということは既に有名無実化しているという状況です。グレーゾーンで放置するのではなくきちんとしたルールを設定するべきというのが合法化する理由で、多くの人が賛同している以上時間の問題で決定することが予測されます。

最近の投稿

ページ上部へ戻る