カジノではウェイトレスがドリンクを提供しています

日本でも、いまカジノ解禁の方向に向けて準備が進められつつあります。現在は認められていませんので、楽しみたいのであれば、海外のカジノに行ってプレイするしかありません。知らない人の印象では、マフィアが支配していて、巨額の金をめぐっての犯罪が多発しているとの印象を持っているかもしれません。しかし、実際には、年代を超えて、紳士淑女が楽しくゲームに興じている社交場と言っていいでしょう。日本を除く先進国では、多くの人たちが気軽にギャンブルを楽しめる場として、カジノはしっかりとした市民権を得ています。 そもそもは、ヨーロッパの貴族や富裕層が賭博を楽しむ施設に端を発しているものです。そういった格式高い遊びであったというのがルーツです。現在でも、多くのカジノにドレスコードがあるのは、そういった背景があるからです。

格式ある場ですので、施設運営側としては、客へのもてなしの上でも非常に細心の配慮をしています。会場内では、食事や飲酒を楽しむことができます。基本的に無料です。そのために、カクテルウェイトレスと呼ばれる役割の人が配置されています。ギャンブルをしているプレイヤーに飲み物を提供いたします。会場の中で、ルーレットであれスロットであれ、どんなゲームをしていても、カクテルウェイトレス達がやってきて、飲み物の注文を聞いていきます。もちろん、とりたてて飲みたくないというのであれば、あえて注文する義務はありません。注意しなければならないのは、無料とはいえ、1杯1ドル程度であってもチップを渡すのがマナーとされています。カクテルウェイトレスの給与そのものはさほど高くなく、チップで生計を立てている人がほとんどです。このときに手渡すチップは、現金でもカジノ専用チップのいすれであっても問題ありません。

会場内で飲めるドリンクとしては、ビールはもちろん、ワイン、スコッチウイスキー、カクテルなどのアルコール類はじめ、ノンアルコールのコーラやジンジャーエール、アイスティーやトマトジュース、緑茶、ホットチョコレートまでもが用意されています。またミネラルウォーターも豊富な種類がありますので、それを選ぶのを楽しみの一つとしている人もいるほどです。なお、アルコールを飲んだときは、その後の行動には十分な留意が必要です。お酒が入ったことで気が大きくなり、大胆な行動をとるような傾向が出てくるからです。普通ではしないような無理な勝負をしたり、とてつもない大金を賭けたりしてしまうことがあります。また、アルコールが入ってディーラーや他の客と口論に及んだりするケースもあります。お酒を飲むのは、喉を潤す程度にしておくのが賢明です。

ページ上部へ戻る