カジノ施設でいつからプレイできるのでしょうか

2016年に国会でIR推進法が成立し、いよいよ日本でもカジノ解禁が現実のものとなる日が近づいてきました。いつからというのが気になるところですが、実際にカジノ施設が設置され、そこでプレイをするとなると、少し先のこととなりそうです。法律ができたかたらすぐに実現できるわけではありません。現在は、まだ、政府内で実施法の枠組みを論議している段階です。その後、IR実施法案が国会で成立すれば、カジノ解禁が決定して合法化されることとなります。さらに、地方公共団体が特定複合観光施設建設の申請を行い、国が指定することとなります。指定を受けることのできた地方公共団体が、施設の建設を行う民間事業者を選定し、その事業者がカジノのライセンスを申請して、取得することが求められます。そして、その民間事業者がリゾート運営を開始する手続きとなっています。

このように時間のかかる手続きが多くありますので、法律ができたからといって、日本でもすぐにカジノをオープンできるというのではありません。ギャンブルのできる施設を作ることで、ギャンブル依存症が増えることへの懸念とか、周辺地域での犯罪が多発するのではないといった心配の声が出ているのも事実です。政府の担当機関では、こういったリスクを防ぐための対策を検討しているところです。また、IR施設建設にあたっても、相当に大規模な建築物が想定されますので、マンパワーの確保にも万全を期さなければなりません。オリンピックの会場となる新国立競技場にしても、着工から2年ほどが見込まれているほどですので、もしIR施設についても同様の期間を考えるとしたら、2020年の東京オリンピックまでの完成は厳しいのが事実です。

勝率100%!?カジノの攻略法・必勝法は本当に存在するのか

いつから実際にプレイできるのかに関心を持っている人は多いことでしょうが、決して平坦な道のりではないとの理解が必要です。2020年の東京オリンピックに間に合えば、より多くの外国からの観光客を呼び寄せることにつながりますので、経済効果は劇的に高まるのは想像に難くありません。とはいえ、ビッグプロジェクトだけに、慎重に事を進める必要があるのも事実です。現在、カジノの候補地として、全国の10カ所以上の都市が名乗りをあげています。人口の多い大都市だけでなく、地方都市もカジノ誘致に向けて意欲的です。IRが本格的に実施される場合は、1、2カ所の地域で試験的に施設が建設されることとなっています。もし問題点や課題が出てきた場合、その対策を講じてから、各都市へ広げていく予定となっています。カジノ施設が日の目を見るまでには相当の年月が必要でしょうが、具体的な論議はますます活発化していくものと見られています。

ページ上部へ戻る