新しいマーケティング「YouTube動画広告」

再生前に動画の「広告」が表示されます。

インターネット動画共有サイトでおなじみの「YouTube」ですが、動画を再生しようとするとしばしば再生前に動画の「広告」が表示されます。

一定時間経過すればスキップ出来るものの、中には全て見ないと肝心の動画にたどり着けないものもあります。

このようなYouTube動画広告は正式には「TrueView広告」といい、こちらも検索サイトでおなじみ「Google」が運営している動画広告です。

YouTube動画広告は、一定時間視聴されたり、その広告がクリックされた時に報酬が発生する仕組みとなっています。

自分の配信したYouTube動画広告を観てくれる人も膨大にいるということ

YouTube動画広告の強みとしては、全世界でYouTubeを視聴している人が膨大にいること、またそれによって自分の配信したYouTube動画広告を観てくれる人も膨大にいるということ、またその中から自分が本当に観てほしい視聴者層に絞って動画広告を配信することも出来ます。

例えば、若者向けの商品だったり、ビジネスマン向けのサービスといったように、特定の人々に対して動画広告を配信出来ます。

このようなメリットは、動画広告を配信する側にあり、広告動画をスキップせずに全て視聴した場合に限り報酬が発生したり、テレビCMのように不特定多数に宣伝するのではなく、本当に自分がその広告の内容を伝えたい人々に的を絞って配信出来るので、効率のよいマーケティングが簡単に実現するのです。

動画広告の配信も、YouTubeがあれば簡単に出来るので、気軽に始められるのも大きな特徴です。

YouTube動画広告もリスティング広告なんです

YouTube動画広告と考えると、また複雑な広告が出てきたなーとお考えかと思いますが、実はこれもリスティング広告の種類に含まれます。

ホームページ制作と並行してアドワーズなどのリスティング運用代行をサポートしている代理店などは大概、運用代行をしてくれるでしょう。

非常にビューが多いのでアクセスを集めたい方は是非やってみるのもいいかと思います。