カジノがない現状でも依存症は目立ちます

IR推進法が成立したものの、いまだに、ギャンブル依存症患者が増えるのではないかとの懸念が消え去りません。ギャンブル対策を検討するための閣僚会議が持たれたり、地方議員議連が発足したりするなど、社会的なテーマの一つとして表面化してきています。依存症のこわいところは、本人の自覚なく症状が進んでいくところにあります。自分では大丈夫だと思っていても、気がついたときには、自分の意思ではやめたいと思ってもやめられない状態に陥ってしまいます。IR推進法は、カジノをメインとして、ホテルやテーマパーク、また商業施設などを統合した形で整備するリゾートの設立を進めるものです。カジノに重きを置かれてるところから、ギャンブル依存の助長を促進するとして、IR推進に反対している人が多いのは、そういった部分に原因があります。自己抑制機能付き!ベラジョンなら登録方法も簡単です。

マスメディアで登場する多くのコメンテーターも、ギャンブル依存症が増大することの危険性を根拠に、カジノを認めてはならないとする論調が濃厚に見られます。しかし、この発想は大きな矛盾をはらんでいます。というのは、現在の日本はすでに世界でも有数のギャンブル大国の位置にあるとの現実です。なぜかというと、パチンコとパチスロでは多くの人が相当な金額を注ぎ込んでいる実態は、客観的な事実だからです。パチンコ・パチスロの市場規模は23兆を超えているとの調査報告があります。また、パチンコやパチスロを娯楽として楽しんでいる人口は1,000万人を超えていると見られています。片や、全世界でのカジノの売上が日本円換算で約18兆円と見られていますので、この時点で、日本のパチンコ・パチスロは、世界中のカジノの全体を大きく上回っていることになります。

世界中のカジノよりも格段に巨大なギャンブル市場規模を持つ日本では、ギャンブル依存症が極めて多いのは火を見るよりも明らかです。推計では500万人を超えるのではないかと見られています。人口比で見ますと、世界の中でも突出した大きな数字です。まさに、世界に冠たるギャンブル大国であると言っても過言ではありません。ただ、パチンコの場合は、反社会的集団とのつながりがかねてより指摘されており、不鮮明なぶぶんが目立ちます。しかし、合法化されたカジノであれば、すべてがガラス張りの状態で行われるものですから、透明性は非常に高いです。社会で展開されている論議の中には、カジノができるとギャンブル依存症の人がますます増えるリスクがあるので、容認すべきではないとの論理で反対する人が少なくありませんが、数字で見ると、誤った考え方としか言いようがありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る