成果報酬SEOの効果測定方法について

近年一般的になっているサービスについて

SEO対策には実に様々な手法がりますが、近年一般的になっているサービスについてはお金を取る以上成果が伴っていなければならないという考え方です。

無料SEOサービスであれば借りに成果が出なくてもそれほど不満は出ないものでしょうが、高い資金を投じて成果が出なかった場合にはだまされた気分になるものです。

そのため近年ではSO対策をする場合には具体的な検索ワードを決めて、そのワードに対してアクセスがどのように変化したかを効果として明確にする成果報酬SEOという考え方が盛んに行われています。

これは成果に応じて報酬を支払うということにもつながります。

一般的には検索上位、少なくとも最初のページに出ないことには話になりません。

検証方法としては依頼をかける前に自分で確認

成果報酬SEOを利用する場合、その効果を検証しなくてはなりません。

検証方法としては依頼をかける前に自分で確認をしておき、一定の時期を置いて再度確認をすれば済むことです。

これは職場は勿論、自宅でも確認することが出来る検証方法です。
なお、この成果報酬SEOを依頼する場合にしているワードによって難易度が大きく変わるため料金も大きく変わります。

例えば地名を含める場合、より具体的な地名を含んだ方が難易度は下がります。

県のレベルで検索にかかる様にするのと、地方都市の一市町村では競争相手の数が大きく違います。

そのため目的を明確にして検索ワードを決める必要があります。

そしてその目的のためにかかる費用として妥当かどうかの検証が必要です。