健康食品用DMの種類について

健康食品関連のDMは主に3つの種類があります。
1つ目は一般的なチラシなどと同じDMです。このダイレクトメールではタイトルに商品名と効能を簡潔に書き、メール本文で効能、飲み方、値段、オンラインショッピングサイトへの誘導が行われます。メールはチラシと同じに作られますが、画像を貼り付けないケースが多く、どちらかと言えば文量が多く、あまり読んでいただけないケースも多いようですが、メールアドレスのリスト次第では効果が一気に高くなる場合も少なくありません。
2つ目はステップメールと呼ばれるメールです。ステップメールでは健康食品の効能をすぐに紹介しません。ステップごとにストーリーが展開していき、最終的にランディングページなどへの誘導となります。ステップメールの特徴は1週間から10日ほどの機関をかけて販売商品の効果を覚えてもらうということです。最初は体の調子が悪いなどの問題提起をし、それの原因を解説しながら最終的に販売する商品が重要だとときます。ただし、価格の公開やオンラインショッピングサイトへの誘導はせず、興味を持続させていきます。ステップメールを最後まで読んでいただけたお客様は多くが商品への興味が高まっていることが多く、オンラインショッピングサイトへの誘導率がかなり高いと言われています。
3つ目のDMの種類はステップメールを1通にまとめたものです。長文になることが多いですが、ストーリーを凝縮してお客様へアピールをする手法です