効果的なランディングページ制作の方法はあるのか?

売れるランディングページ作成の方法論が固まっていないことからも理解できるように、効果的な制作方法が確立されていないことは言わずもがなです。ところが、効果的なLPを生み出すノウハウは年々積み上がってきているので、この多くを参考にすることは有意義と言えます。

近年で多く見られるようになったランディングページには、責任者が話をしている様子が撮影されている動画が埋め込まれている特徴があります。訪問販売のように面と向かって商談を行うことができないのがLPの弱みですが、それを新技術でカバーしているというわけです。

責任者が登場する動画をランディングページに公開すると、閲覧者から信頼を勝ち取ることが容易になります。LPには代表者の氏名などを掲載することによって見た人に安心感を与えるなどといった手法はありますが、その情報の信憑性が高いか否かは閲覧者個人の判断よります。

その一方で、宣伝を行う中心人物がインターネット上に顔を出してアピールしているのであれば、相応の覚悟を持っているのだと評価することが可能です。また、商品やサービスの特徴を十分に理解している人物が直接的に話をすることは、効果的な宣伝方法の一つです。

巧みな文章表現ができる人に紹介テキストを作成してもらっても、商品やサービスに愛着を持っていないので情熱的に感情移入することが困難を極めます。一方の責任者が直々に口を開けば、開発段階の苦労などを真剣に伝えることが可能になります。