良い美容皮膚科を探すコツ!

美容皮膚科という科ができてすでに浸透しています。
まず皮膚科と美容皮膚科の違いはいったいなんなのでしょうか。

まず皮膚科と美容皮膚科では診療方針に大きな違いがあるのです。皮膚科は塗り薬や内服薬を用いて皮膚病を治すことを最優先に、治療を行います。かわって美容皮膚科の場合は見た目を重視して、問題となるトラブルを改善していくことになります。

例えばニキビ。ニキビは医学の分野では「脂漏性皮膚疾患」です。皮膚科ではこの脂漏性皮膚疾患を塗り薬や内服薬で治療し、症状がなくなれば治療は終了になります。

美容皮膚科ではニキビの治療に加え、ニキビ跡の改善といった治療も行います。さらにニキビ跡が出来ないような対策やニキビが出来にくい肌質をつくるための治療も行います。

美容皮膚科で行う治療としては、ケミカルピーリングによる肌質の改善や、イオン導入、またエステサロンではなく医療機関なためニキビ跡の改善のためのレーザー治療やヒアルロン酸注射といったものを使用することが可能です。皮膚科の場合にはニキビを治すまで。ニキビ跡は治療せず肌質の改善も治療外になります。

ですので、大きな違いは感覚として美容皮膚科の場合はトータルでのケアのエステサロンに近い面と考えていいかもしれません。美容皮膚科ではニキビだけにとどまらず、肌のトラブル、たとえば毛穴、シミ、アザ、シワといった肌トラブルを、医学に基づいた考えと技術で治療することが出来ます。皮膚の症状や目的に応じて分けて利用することが、よりよい医療のかかり方かと思います。

エステサロンとの大きな違いは、美容皮膚科には“医師”がいることです。 エステではエステティシャンが施術を行うのに対し、美容皮膚科では医師や看護師というライセンスを持つ者が“治療”を行います。

又、機材はドクターライセンス所持者しか扱えない美容機器を使用した治療ですので、エステサロンと大きく違う部分です。また美容外科や形成外科との大きな違いは“メスを使わない治療”をしてくれることかと思います。

美容外科 、形成外科 はメスを使って外観的に変化を施すのに対し、美容皮膚科は皮膚本来の機能を高めお肌を更に美しくすることを提案してくれます。

皮膚の専門医が担当するため治療の質がきわめて高く、皮膚にも安全、安心なのかもしれません。

但し、良いクリニックもあれば良くないクリニックもあります。
ここの見極め方は至って単純でしっかりリスティング広告やPPC広告を打って、しっかりランディングページを作っているのかでわかります。

当たり前の理論なのですが、広告費をガンガン使えるクリニックは経営がうまくいっており、その根底にあるのは顧客の満足度です。

よってしっかりPPC広告やランディングページ、HPがしっかりしているクリニックを選ぶのが間違いないでしょう。