画像データの作り方

手元にある写真を画像データにしてパソコンに取り込むには、いくつかの方法がある。まず、スキャナで取り込む方法。「スキャナ」とは、写真を読み込んでデータ化するための専用の機器。コピー機のようなしくみで、カラーのデータを読み込むことができる。
スキャナにはいくつかの種類があるが、スナップやカタログなど、「紙」の状態になった一般的なフラットベッド写真を取り込むには、机に据え置いて、原稿をセットするタイプの「フラットベッドスキャナ」、または、手に持ってスキャナ自体を動かしてデータを読み取る「ハンディタイプのスキャナ」。
一方、ポジやネガなど現像を終えたフィルムから取り込むのは、フィルム専用のスキャナを利用することが多い。フラットベッドスキャナでも「透過原稿装置」を利用すれば、フィルムからのデータを読みとることができる。
次に、「フォトCD」を利用する方法。スキャナで取り込む作業には専用の機器が必要になる。最近はスキャナも低価格になったが、それでも4万円程度はする。また、業者に依頼すると1枚1000円ほどの費用がかかる。大量の写真を取り込むなら、スキャナを購入するのが安上がりだが、数枚の写真しか利用しないなら、フォトCDを使うといい。
フォトCDは、街中の「コダック」のDPEショップでも受け付けてくれる写真の現像システム。紙に焼く代わりに、データとしてCD-ROMに記録してくれる。最初に基本料金5OO円+CD代金1000円として15OO円かかるが、以降は1枚1OO円とかなり低価格でデータ化できる。ネガやスライド、同時ネガなどの写真が可能だが、紙焼きをフォトCDにすることはできない。
解像度は文句なく美しいが、ランディングページ作成ではそこまでのデータは必要ない。
最後に、「デジタルカメラ」を使う方法。デジタルカメラは最近大流行中なので、その名前くらいは耳にしたことがあるだろう。
デジタルカメラは、フィルムの代わりにメモリを搭載している。つまり、シャッターを押した瞬間の画像がメモリに格納されるしくみだ。デジタルカメラを使えば、スキャナやフォトCDなどを利用せずに、一気に画像のテー夕化が行われる。普通のフィルムカメラと比較すると少々画質が落ちるという欠点はあるものの、ランディングページに利用するなら、まったく問題ない。最近では、実売価格2万円台の製品も登場し、かなり手経になってきている。
これから撮影するという段階なら、デジタルカメラを利用するのが手っ取り早い方法だろう。ただし、デジタルカメラでは、すでにフィルムやスナップなどになっている「紙」の写真をデータ化することはできない。
ところで、「GIFファイル」を作成するには、ほかの画像ファイルからのデータ変換が必要になる。スキャナなどで画像を取り込む場合なら、保存する際にGIFに指定するだけですむ。
また、すでに「BMP」形式やフォトCD形式になっている画像ファイルの場合、いったんグラフィックソフトで読み込んでからGIF形式で保存するのが簡単だ。画像ファイル変換ソフトも市販されているが、慣れないと使いづらい。